身体の声を「訊く(きく)」とは

ご来院されたときから、すでに整体は始まっています。

歩き方や手の動かし方、姿勢、目線、声のトーンや立ち振る舞いなど

問診に至るまでに、あなたの状態を改善する為のヒントがいっぱい隠されています。

 

問診で聞いているときもしぐさや問診の書き方、書く順番、書かなかったところなども

ヒントになります。

 

それらと問診の内容とを考慮しつつ検査を致します。

そして施術の見立てをします。

 

どうしてそこまで、注意してみているかというと、

あなたの不調を起こしている原因である生活の癖や習慣は

あなたの何気ない行動すべてに出ているからです。

 

何も聞かなくても、身体の動作に不調の原因やヒントがたくさん隠れています。

それらを見逃さないのも整体をするものとして大事なことだと思っています。

 

どうしたら施術により身体が元気になり心から満足して頂けるかを

常に考え注意を凝らすということ、

それが徳島整体院の「訊く」(きく)ということです。